子宮筋腫の悩みをコーヒー断ちで改善!生理痛も無くなるノンカフェイン生活のすすめ♪

デテーサ(パープル)は、身体に悪影響を及ぼさないよう配慮してノンカフェインにしています。

カフェインを摂るデメリットは、

①血管を収縮させることで、冷えを招く
②交感神経が優位になり、自律神経のバランスが乱れる

大きくはこの2つです。


私自信はコーヒー愛好家なので、普段からカフェインを摂る習慣がありました。
好きなコーヒーを飲むために、普段飲むお茶をノンカフェインにして
コントロールしているつもりだったので、
カフェインによる影響を受けているとは全く考えてもいませんでした。

今回、私がカフェインの摂り方を見直すことにしたのは、
かなり大きくなってしまった子宮筋腫による不調でした。
いろいろ調べるうちに、子宮筋腫を悪化させない方法の1つに、
「コーヒー(カフェイン)を抜くこと」があることを知ったのです。

長年、鎮痛剤で対処し、苦しみ続けた生理痛の緩和にも良い方法だということで、
早速、脱カフェイン生活を開始したところ、しばらくの間、軽い頭痛が続きました。
これは、「カフェイン離脱頭痛」というものらしく、
カフェインを継続的に摂取している人が摂取ができないときに発症する頭痛のようです。

2か月後。
生理の量は激減し、生理痛と子宮筋腫の痛みも、なんと「ゼロ」になり、
鎮痛剤が不要になりました。
さらに子宮筋腫の増大も治まり、少し小さくなったみたいです。
以前からカフェインが身体を冷やす飲み物だということは知識としてありましたが、
まさかここまで影響を受けているとは考えもしませんでした。

アメリカではコーヒーに含まれているカフェインとメチオキサンチンが原因で
子宮筋腫を増大させるという研究報告があるようです。
エストロゲンの分泌を促進する働きを持っているからだとか。
早く知っていればと心底思いました。。。

とはいえ、コーヒー愛好家の私は、やっぱり飲みたい気持ちが抑えられず
デカフェ(ノンカフェイン)に替えて、2日に1杯のペースで飲んでいますが、
時々は、普通のコーヒーも楽しみたいと思っています。


◆カフェインについて
いろいろな飲料や食品に含まれているカフェインには、メリットもあります。
闇雲に飲むのではなく、ちゃんとコントロールして摂る必要があるということです。
知らずに過剰摂取しないよう、口にするものは確認する習慣を!

◆カフェインが含まれている飲料・食品
右に行くほど含有量が減少、製品や抽出法により前後。

コーヒー(ドリップ式 → レギュラー → インスタント → エスプレッソ → カフェインレス)カフェインレスも少量のカフェインを含有。

お茶(玉露 → ほうじ茶・ウーロン茶 → 煎茶 → 番茶)
麦茶はカフェイン「ゼロ」

その他…紅茶・ココア・チョコレート・コーラ(ダイエットコーラ含む)
栄養ドリンク・風邪薬など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。